So-net無料ブログ作成

鳥の巣箱にスズメバチが・・・ [7_00 巣箱設置・野鳥観察]

久しぶりのアップです。
今年は、自宅のあるマンションの大規模修繕工事があり、修繕委員もやっていた関係で、ログハウスに来る回数も減っていました。10月中旬には半年に及んだ工事も無事終了しましたので、毎年実施しているデッキの再塗装の検討を始めますので、また、ブログの方にもアップしたいと思います。

さて、話は9月中旬までさかのぼります。今年は、テレビでもスズメバチの活動が活発とは聞いていたのですが、まさか身近なところでスズメバチの巣を見つける事になるとは思っていませんでした。それも、シジュウカラ用に作った巣箱の中に・・・

・今年の3月に設置したときの巣箱
DSCF4210.jpg


・9月に確認したときの巣箱
9月中旬に久しぶりにログハウスにやってきたのですが、巣箱の周りのスズメバチが飛んでいるのを目撃。遠巻きに巣箱の入口を覗くと、直径30㎜の入口の穴が半分くらい塞がれているのを発見。よく見るとその入口から大きなスズメバチが出入りしているではありませんか・・・
DSCN5420.jpg


・巣箱がデッキから3メートルの距離に有り、このまま放置できず、翌朝、蜂の巣の駆除業者に早速連絡をとったところ、すぐに来てもらえた。
業者さんに巣箱の状況を確認してもらったところ、やはりスズメバチが鳥の巣箱の中に蜂の巣を作っていることが判明し、白装束に着替えて駆除に取りかかる。
DSCN5425.jpg

・防虫スプレーを片手に、巣に近づき、巣箱の入口からのスプレーを噴霧。巣箱の周りをスズメバチが飛び回っているが、スプレーで次から次と退治。ついに、巣箱を木から取り外した。
DSCN5427.jpg

・巣箱の天板のところから巣がつり下がっている状態で、巣箱の中に蜂の巣が目一杯に成長していた。このまま放置すると、鳥の巣箱を取り込むように、更に蜂の巣が大きくなるので、早めに対処したのは正解だったらしい。
DSCN5430.jpg


DSCN5433.jpg

・巣箱の底には、スズメバチの死骸が・・・全部で50匹以上に。
DSCN5434.jpg

・蜂の巣を除去しても、それまでに巣から飛び立っていた蜂が巣に戻ってくるため、巣箱を落としてからも、しばらくの間戻ってくる蜂(「戻り蜂」というらしい)を次から次へと防虫スプレーで退治。ほぼ落ち着いてきたので作業終了。合計、約40分でした。感謝です!!

【今回のスズメバチ駆除からの教訓】
シジュウカラの巣箱は、2月前後には木に設置して3月頃から卵を産み、卵が孵化して3週間前後で巣立っていきます(5月末ころ)。例年は、7月末には巣箱を撤去していたのだが、今年はそのままにしていたために、スズメバチに巣を作られてしまった。
来年からは、ひな鳥が巣立ったら、速やかに巣箱を撤去するようにしたいと思っています。
皆様も、呉々もご注意を!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅