So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

デコポン・甘夏の作柄状況 2018.12 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

12月に入り初めてのログハウス。庭には、デコポンや甘夏の実が、黄色く色づき始めていましたので、その状況をご紹介します。

■ デコポン
デコポンの摘果を9月に実施し、直径が50㎜以下の小さな実を50~60個を摘果しました。しかし、実が色づくと思った以上に実が残っていたことにびっくりです。実を大きくするには、まだまだ摘果不足かな・・という感じです。折角なった実を目の前にすると、もったいなくて、なかなか摘果できないのです。
DSCN5466.jpg

DSCN5458.jpg

デコポンの特徴であるヘタの周りが盛り上がって、デコ(凸)になっているのがよくわかります。でも、こんなにきれいにデコができているの実は、そんなに多くありません。デコがないものもあります。
DSCN5476.jpg

例年ですと、デコポンの収穫は、来年の2月頃の予定です。


■ 甘夏
甘夏は、2本植えています。
これが1本目の状況。しっかりと大きな実を沢山つけています。
DSCN5454.jpg

DSCN5455.jpg

こちらが2本目。こちらの木は、今年の春に収穫量がかなり多かったので、今年はかなり数が減ってしまいました。
DSCN5459.jpg

甘夏の収穫は、来年の4月頃の予定です。


【おまけ】新たな「蜂の巣」を発見!
前回、スズメバチの巣の撤去の顛末をご紹介しましたが、今回ログハウスの周りを見回っていると、なんと言うことでしょう! デッキの下に蜂の巣を発見。
DSCN5470.jpg

近寄ってみると、直径12~13㎝はあろうかという「アシナガバチの巣」。この時期ですから、巣の中は空っぽ。活動が盛んなときに遭遇しなくて良かった良かった。
DSCN5467.jpg

次に孫達が来たときに見せるため、蜂の巣はこのまま残しておくことに・・・。
DSCN5468.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

鳥の巣箱にスズメバチが・・・ [7_00 巣箱設置・野鳥観察]

久しぶりのアップです。
今年は、自宅のあるマンションの大規模修繕工事があり、修繕委員もやっていた関係で、ログハウスに来る回数も減っていました。10月中旬には半年に及んだ工事も無事終了しましたので、毎年実施しているデッキの再塗装の検討を始めますので、また、ブログの方にもアップしたいと思います。

さて、話は9月中旬までさかのぼります。今年は、テレビでもスズメバチの活動が活発とは聞いていたのですが、まさか身近なところでスズメバチの巣を見つける事になるとは思っていませんでした。それも、シジュウカラ用に作った巣箱の中に・・・

・今年の3月に設置したときの巣箱
DSCF4210.jpg


・9月に確認したときの巣箱
9月中旬に久しぶりにログハウスにやってきたのですが、巣箱の周りのスズメバチが飛んでいるのを目撃。遠巻きに巣箱の入口を覗くと、直径30㎜の入口の穴が半分くらい塞がれているのを発見。よく見るとその入口から大きなスズメバチが出入りしているではありませんか・・・
DSCN5420.jpg


・巣箱がデッキから3メートルの距離に有り、このまま放置できず、翌朝、蜂の巣の駆除業者に早速連絡をとったところ、すぐに来てもらえた。
業者さんに巣箱の状況を確認してもらったところ、やはりスズメバチが鳥の巣箱の中に蜂の巣を作っていることが判明し、白装束に着替えて駆除に取りかかる。
DSCN5425.jpg

・防虫スプレーを片手に、巣に近づき、巣箱の入口からのスプレーを噴霧。巣箱の周りをスズメバチが飛び回っているが、スプレーで次から次と退治。ついに、巣箱を木から取り外した。
DSCN5427.jpg

・巣箱の天板のところから巣がつり下がっている状態で、巣箱の中に蜂の巣が目一杯に成長していた。このまま放置すると、鳥の巣箱を取り込むように、更に蜂の巣が大きくなるので、早めに対処したのは正解だったらしい。
DSCN5430.jpg

DSCN5433.jpg

・巣箱の底には、スズメバチの死骸が・・・全部で50匹以上に。
DSCN5434.jpg

・蜂の巣を除去しても、それまでに巣から飛び立っていた蜂が巣に戻ってくるため、巣箱を落としてからも、しばらくの間戻ってくる蜂(「戻り蜂」というらしい)を次から次へと防虫スプレーで退治。ほぼ落ち着いてきたので作業終了。合計、約40分でした。感謝です!!

【今回のスズメバチ駆除からの教訓】
シジュウカラの巣箱は、2月前後には木に設置して3月頃から卵を産み、卵が孵化して3週間前後で巣立っていきます(5月末ころ)。例年は、7月末には巣箱を撤去していたのだが、今年はそのままにしていたために、スズメバチに巣を作られてしまった。
来年からは、ひな鳥が巣立ったら、速やかに巣箱を撤去するようにしたいと思っています。
皆様も、呉々もご注意を!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

甘夏みかんの収穫 2018.4 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

春休みに遊びに来た孫と甘夏みかんを収穫しました。

DSCN5361.jpg

DSCN5360.jpg


2本の木があるのですが、今年は、合計で昨年の40個から約2倍の77個を収穫できました。少し小粒ですが・・・木も大分大きくなってきたお陰かと思います。
DSCF4202.jpg

DSCF4201.jpg

実際に試食をしてみると、まだかなり酸味が強く、少し寝かせてみようかと思っていたのですが、早速食べています。家族みんな、柑橘類が大好きなので・・・。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

庭にやってきた野鳥たち 2018.4 [7_00 巣箱設置・野鳥観察]

春は、庭に色々な野鳥がやってきます。
シジュウカラ、アオジ、ヒヨドリなどがよくやってくるのですが、先日、朝は早く庭を眺めていると、これまでに見たことのない鳥を目撃しましたので、ご紹介します。

【その1】
この鳥を見たことがありますか?私は、初めて見る鳥です。大きさは、キジバトくらいの大きさです。
DSCN0173.jpg

DSCN0178.jpg

そこで、早速、図鑑(出典:小学館の図鑑 NEO POCKKET「鳥」)で調べてみると、「コジュケイ」という名前で、キジ目キジ科の鳥だそうです。
そういえば、頭やクビの周りの色合いが、キジに似ていますかね・・・
DSCN0189.jpg


【その2】
この鳥は、昨年も一度目撃したのですが、写真に納めることができませんでした。今回は、コジュケイの写真を撮った直後でしたので、すかさず写真に納めることができました。
目の周りの白い縁取りが特徴的で、あたかも白いサングラスをかけているように見えませんか?
DSCN0182.jpg

DSCN0185.jpg

この鳥も図鑑(出典:小学館の図鑑 NEO POCKKET「鳥」)で調べると、「ガビチョウ」(スズメ目チメドリ科)だそうです。「ガビチョウ」を漢字で書くと「画眉鳥」となるそうです。なるほど・・・
DSCN0188.jpg


【その他】
皆さんも良く見慣れた、メジロです。
DSCN0191.jpg

こちらは、つがいのホオジロです。
DSCF4211.jpg


野鳥の活動が盛んになる春は、野鳥観察がとても楽しみな季節です。また、何か面白い写真が撮れましたらご紹介します。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

デコポンの収穫 2018.2 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

例年通り、12月にデコポンに袋掛けを行い鳥害にも遭わずに、2月に入り、そろそろデコポンの収穫時期となりました。
DSCN5362.jpg


デコポンの今年の収穫量は、下の写真の通りで25個。昨年の収穫量の約40%と、寂しいものになりました。原因は、昨年、実をつけすぎたのが原因と思われます。夏に、多くの実をつけた場合には、40~50個程度に摘果してみようと思っています。
DSCN5369.jpg

<参考> 昨年の収穫状況:63個。
DSCF3311.jpg

収穫後の状況。3月には礼肥を上げる予定です。
DSCN5370.jpg


【甘 夏】
ついでに、庭にある2本の甘夏の状況。甘夏については、ほとんど摘果はおこなっていませんが、今年もしっかり実をつけてくれています。
DSCN5361.jpg

3月から4月にかけて収穫する予定です。
DSCN5360.jpg

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

デッキ再塗装完了 2018.2 [ 4_12 デッキ・門扉の再塗装]

1月末にデッキの高圧洗浄を行って、1週間後、お天気の良い日を見計らってデッキの再塗装をスタート。

デッキ床面は1年ぶり、手摺りや柱脚などは3年ぶりの実施で、デッキ・手摺り・柱脚部など全面的な再塗装を行いましした。塗装作業は2回塗りで、延べ作業日数は3日程度となりました。

木造のデッキは5年から7年くらいで木の腐食が進んでくるので、デッキの更新が必要との話をよく聞いていたのですが、建築後8年を迎えますが、今のところ木材の腐れなどの症状はまだ出ていないので、再塗装をやってきたお陰かなと感じています。これからも再塗装の作業を定期的に継続しようと考えています。

それでは、作業の状況をご紹介します。

・デッキ床面の塗装を開始。
使用する塗料は、「ステンプルーフ」(色:オリーブブラウン)となります。
DSCN5365.JPG

・階段部分も。
DSCN5372.JPG

・デッキ手摺り部分と目隠し板も。
DSCN5375.JPG

・デッキ柱脚もきれいに塗装できました。
DSCN5376.JPG

・デッキ全景です。オリーブブラウン色が渋いでしょ!?
DSCN5373.JPG

以上です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

デッキ再塗装準備 2018.2 [ 4_12 デッキ・門扉の再塗装]

年が明けて初めてのアップです。
今年は強い寒波の影響で、ログハウスのメンテナンス作業も進んでいません。そろそろデッキ周りの再塗装をやる時期に来ているので、デッキの塗装前の清掃作業をしました。その様子をご紹介します。(前回は、昨年2月にデッキ床面のみの再塗装を実施)

デッキ面は、高圧洗浄機で砂埃や汚れを一気に洗浄します。使用するのは、ケルヒャー製の高圧洗浄機です。いざ使おうとすると高圧洗浄機の水圧が上がりません。マニュアルを見ると、本体の給水側のフィルタの目詰まりの可能性があることがわかり、フィルタを取り外して水洗いをすると、問題解決。無事に高圧の水がでてくれました。
DSCN5351.JPG

デッキ面の洗浄。
DSCN5348.JPG

・階段部分も洗浄。
DSCN5349.JPG

・今回の再塗装は、デッキ床面だけでなく、手摺り・デッキ柱脚や目隠し板の部分も再塗装しますので、全体を洗浄しました。
DSCN5350.JPG

作業時間は、2時間程で終了。比較的暖かいお天気でしたので、助かりました。
DSCN5352.JPG

さあ、良いお天気が続く日を選んで、再塗装作業をやろうと思っています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

メジロの巣?発見 [7_00 巣箱設置・野鳥観察]

11月に庭のヤマボウシの木を眺めていると、鳥の巣らしきものを発見!これまでは、ヤマボウシの葉が茂っていたので、わからなかったのですが、落葉が始まり見えてきたのです。
DSCN5327.jpg

小枝を切り落としてみると、どうも小鳥の巣らしきもの!?大きさは、7~8㎝程度の大きさ。しっかり、枝に取り付けられています。内部は、きれいに仕上げられています。良い仕事してますね~
DSCN5329.jpg

巣の中に鳥の羽なども残っていなかったので、何の鳥の巣かネットで調べてみることに。その結果、どうもメジロの巣らしいのですが、正確なところはわかりません。来年は、少し注意深く見てみようと思っています。
DSCN5330.jpg


ここから下は、、おまけ・・・
階段の上がり口にカマキリが2匹、にらみ合っていたので写真に納めて見ました。
DSCN5339.jpg

DSCN5346.jpg

DSCN5344.jpg

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

秋の庭 2017 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

アップするのが遅れてしまい、1ヶ月前の11月初旬の庭の状況をご紹介です。

庭の木々。
DSCN5341.jpg

花壇のインパチェンスを処分して、新たにビオラを植えました。
DSCN5336.jpg

10月頃に植えたオキザリスの苗が大きくなってきています。
DSCN5335.jpg

裏の庭には、まだインパチェンスを残したままベビーリーフの種まきをし、寒冷紗を取り付けています。ベビーリーフは、野菜のとれない冬場でも収穫できるので重宝しています。
DSCN5331.jpg


庭の柑橘の状況です。
デコポン・・・今年は、昨年の反動もあってか、20個足らずしかなっていません(今年は、花付きそのものが良くなかった)。昨年は、70個ほど収穫できたのですが・・・
結局、一年おきにしかうまくならすことができませんでした。毎年安定して収穫できるように勉強していきたいと思っています。
DSCN5332.jpg

甘夏は、2本ありますが、あまり摘果などもしていないのですが、毎年安定して収穫できています。デコポンとは違うような気がします。
DSCN5333.jpg

DSCN5337.jpg

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

カウンター下収納庫の製作(4)補足 [ 5_20 カウンター下収納庫の製作]

カウンター下収納庫については、既に取り付け完了までご紹介していますが、細かな作業について補足の情報をご紹介したいと思います。

■カウンター棚のズレ防止
カウンター下収納庫の右側のユニット。観音開きの扉をスライド蝶番で取り付けています。
DSCN5234.jpg

棚板の高さ調整ができるよう棚柱を使用していることは、既にご紹介済みですが、棚が扉を開けた際や地震などで前にズレて落ちないようにストッパーを取り付けました。
市販のプラスチック製スリーブ(φ5㎜x10㎜高さ)をビスで棚板の裏側に取り付けます。
DSCN5301.jpg

スリーブを固定したところ。
DSCN5302.jpg

ストッパーのスリーブは、左右に箇所に取り付け。
DSCN5279.jpg

棚板を棚柱のフックに載せたところ。右側のフック側面にストッパーが当たり、手前(右側)に棚板がズレるのを防ぎます。
DSCN5280.jpg

とても簡単なストッパーですが、これがあると安心です。

■カウンター扉の戸当りクッション取り付け
開き戸をスライド蝶番で取り付けると、扉が閉まったときに音がします。これを防ぐのが
プラスチックの戸当りです。これは、ホームセンターで市販されている接着剤のついた半球状のプラスチックを扉の上下に貼るだけとう簡単なものですが、扉を閉めたときの衝撃と音を抑えてくれるので便利な部品です。市販の家具などにも使われているものです。
DSCN5303.jpg


次に、右側ユニットの左側には、アルコールなどのお酒類をおいているので、地震の際に瓶が割れたりするのを防ぐために「扉開きストッパー」を取り付けました。これは、冷蔵庫上部収納庫でも使用しています。
DSCN5304.jpg

DSCN5305.jpg


以上です。今回製作したカウンター下収納庫は、とても使い勝手が良く満足・・・しています。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -