So-net無料ブログ作成
7_00 巣箱設置・野鳥観察 ブログトップ

鳥の巣箱 観察結果報告 2017 [7_00 巣箱設置・野鳥観察]

今年1月後半に取り付けた鳥の巣箱の観察結果をまとめてご紹介します。

昨年使用した巣箱2個(1号巣箱:山桜に取り付け、2号巣箱:コナラに取り付け)を取り付け、二つの巣箱とも「シジュウカラ」が使ってくれて、無事孵化し、巣立ってくれました。しかし、巣箱の中は見れてないので、卵の数とか、何匹巣立ったかなど、詳細は不明です。

ということで、今年は孫からの要望もあって、巣箱に内視鏡カメラを設置して内部を観察してみることにしました。

■1号巣箱@山桜
・2017年2月中旬に、山桜の木に地上から3メートル弱の高さに取り付け。
DSCF3367.jpg

・巣箱の中を観察できるようCMOSカメラ(内視鏡)は、巣箱の天井部分に穴を開けてカメラの先端を差し込み固定しました。

今回、使用した内視鏡カメラは、以下のようなものです。
「USB接続エンドスコープ (内視鏡) 2イン1硬性ファイバースコープ 7mホース付き」
<詳細仕様>
・センサー:200万画素のCOMS
・解像度:1600*1200、1280*1024、 1280*720、640*480
・レンズ直径:8.5mm
・チューブ仕様:硬性
・防水仕樣:IP67
・USBポート:2イン1
・USB ケーブルの長さ:7m
・インターフェース: USB2.0
・焦点距離:3-6cm
・視野角:60度
DSCF3353.jpg

・カメラの周りには、LEDライトがついており、リモートで明るさも調整可能です。
DSCF3355.jpg

・カメラのリード線は7メートル程ありますので、桜の木の側の作業小屋の中まで引き込んで観察することに。
DSCF3368.jpg

・早速、設置時の内部の様子をスマートフォンに接続して撮影。巣箱の底の水抜き穴が白く見えています。期待したほどのピントが得られません。今年は、取りあえずこれで撮影を続けることにしました。
170316_102857.jpg

・早速、「シジュウカラ」のつがいが、巣作りをはじめました。巣箱の中には、既に苔のようなものが敷き詰められています。
170430_071522.jpg

・2017年4月末、4個(?)の卵を発見。
170427_170622.jpg

・2017年5月初旬、「シジュウカラ」が巣箱で卵を温めている様子。
170511_111946.jpg


170511_082718.jpg

・2017年5月中旬、「シジュウカラ」のつがいが巣箱に入り、生まれたヒナにエサを与えている様子!?
ヒナは、写真下側中央に2羽の親鳥の間でヒナが口を開けているように見えます・・・!?
170517_093954.jpg


折角、カメラを設置して内部を観察したのですが、余りにもピントが合ってなくて、いまいちの結果となりました。もう少し焦点距離の長いものが必要なのかも知れません。
来年、もう一度チャレンジしてみようと思っています。

■2号巣箱@コナラ
2号巣箱は、昨年同様地上から4メートル位の高さに設置。2号巣箱には、昨年の「シジュウカラ」ではなく、始めて「ホオジロ」が2号巣箱の住人になりました。内部の様子は確認できませんでしたが、度々エサを運んでいる様子を目撃できました。
DSCF3573.jpg

拡大してみると、「ホオジロ」であることがわかります。
DSCF3573-s.jpg

2号巣箱も5月後半には、ヒナも巣立ちして空き家になったようです。

■巣箱の回収
今や夏休みの孫達との恒例行事化している巣箱の回収です。8月初めに孫達と巣箱を取り外し、内部を観察したあと、掃除をして来年に向けて保管します。
右が1号巣箱(住人:「シジュウカラ」)、左が2号巣箱(住人:「ホオジロ」)。
DSCN5143.jpg

・「シジュウカラ」の使用した1号巣箱。乾燥した苔が3~4㎝の深さに敷き詰められていました。
DSCN5145.jpg

・「ホオジロ」の使用した2号巣箱。1号巣箱と同じように苔が敷き詰められていましたが、細めの苔がふわーっとしており、「シジュウカラ」のものより気持ちよさそうでした。
鳥の種類によって、巣の仕様も異なるようですね・・・
DSCN5144.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今年も鳥の巣箱取り付け 2017 [7_00 巣箱設置・野鳥観察]

今年も昨年に続き、野鳥の巣箱を取り付けました。昨年も2つの巣箱でシジュウカラが、巣を作り雛をかえしてくれましたので、昨年夏に取り外していた巣箱をまた昨年同様、庭の桜の木とクヌギの木に取り付けました。

■ 巣箱の取り付け
まずは、クヌギの木に昨年同様、地上4メール位の高さに取り付け。
DSCF3237.jpg

巣箱は、しっかり針金で幹の周りに締め付けて完了。
DSCF3244.jpg

次に、庭の山桜の木にも、もう一つの巣箱を取り付け。ここは、地上3メートルくらいの高さになります。
DSCF3242.jpg

こんな感じで、ログハウスの窓から鳥の出入りが見えるような向きに取り付けました。
DSCF3241.jpg

今年も昨年のように、シジュウカラが使ってくれることを期待したいと思います。

■ 「あたみ桜」見物
ログハウスに行く途中にある熱海・糸川遊歩道沿いにある寒桜(「あたみ桜」という種類)を見に行きましたので、少しご紹介します。
「あたみ桜」は、明治初め頃にイタリア人からもたらされたもので、その後、熱海のあちこちに植栽されています。一つの枝に早期に開花する花芽と後期に開花する花芽が二段構えで構成されるため、長い期間花を楽しめるのが特徴だそうです。

・糸川の河口付近からの風景。
DSCF3221.jpg

DSCF3205.jpg

・桜の花は、こんな感じで沢山のつぼみと同居しています。
DSCF3195.jpg

DSCF3196.jpg

・桜には、メジロなどの野鳥が沢山、手が届きそうなところまでやってきます。
DSCF3219.jpg

DSCF3193.jpg

もう「あたみ桜」は、峠を越えたかも知れませんが、機会があれば訪れてみるのもよろしいかと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

巣箱に”シジュウカラ”か!? 2016 [7_00 巣箱設置・野鳥観察]

■昨年、孫と一緒に作った巣箱
昨年(2015)8月に、7歳の孫が、巣箱を作りたいという要望で、昨年の夏に一緒に巣箱を2個作りました。
DSCN3991.jpg

そのうち、1個を作業小屋の横にある桜の木に取り付けました。
DSCN3996.jpg


■シジュウカラが巣作りを始めたようです・・・
今年(2016)の春休みに孫たちがやってくると、昨年取り付けた巣箱を取り付けていたひもが切れて、傾いていたので、そのついでに巣箱を覗いてみると、なんと言うことでしょう!穴から綿のようなものが見えます。そこで、巣箱の屋根をずしてみると、底に苔を2~3㎝位の高さに敷き詰められ、その上に樹脂の繊維(?)のようなものが載っかっています。
DSCF2500.jpg

少し、拡大をするとこんな感じに、フワフワの巣ができています。まだ、完成はしておらず、製作途中のようです。
DSCF2501.jpg

この住人はきっとシジュウカラだと思うのですが、巣箱を元に戻して様子を見ることにしました。
DSCF2503.jpg

その日の午後になると、シジュウカラが2羽でやってきて、巣箱に入りました。また飛び立っては、また巣箱に戻ってきています。下の写真の右側中段にシジュウカラが見えます。
DSCF2524s.gif


今回の経験から、取り付けていなかった三角屋根の巣箱も、少し離れたクヌギの幹の地上4メートルくらいの高さの所に、取り付けてみました。
DSCF2728.jpg

驚いたことに、翌朝食事をしていると窓越しに、早速、2羽のシジュウカラを発見。
DSCF2569.jpg

写真を拡大してみると、2羽のシジュウカラが巣箱の様子を覗っているのがよくわかります。
DSCF2569s.gif

ちょうど繁殖期を迎え、適当な巣を探しているのでしょう!期待に応えれると良いのですが・・・。しばらく様子を見たいと思います。
DSCF2570s.gif

家の周りには、そのほかにもウグイス、ヒヨドリ、アオジ(?)のような色々な野鳥がやってくることがわかりました。バードウォッチングも楽しめそうです。これで楽しみがまた一つ増えました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
7_00 巣箱設置・野鳥観察 ブログトップ