So-net無料ブログ作成
検索選択
 4_20 外周フェンス補修 ブログトップ

境界フェンスの補強 [ 4_20 外周フェンス補修]

敷地の境界に設置しているフェンス(2010年12月設置)が、部分的にそろそろぐらついているものが出てきました。これは、地面に打ち込んでいる支柱の地中部分に腐れが出てきているためです。設置して5年経ちますので、そろそろ寿命ということになりそうです。特に、日当たりが悪く、水はけの悪そうなところで進行しているようです。
ただ、支柱以外の横桟は、まだしっかりしていて大丈夫そうなので、支柱部分の補強をするとで延命を図ることにしました。

■支柱の補強方法
・補強方法について色々考えましたが、取りあえず簡単に補強方法は、鉄の丸棒(Φ15㎜程度x1メートル)を支柱の脇に打ち込んで、支柱に針金で固定するという簡単なものです。
DSCF2311.jpg

・2カ所補で丸棒で固定することで、取りあえずは、ぐらつきがなくなりましたが、この対策も時間の問題かも知れません。今回、別のところでも2カ所ほど対策を施しました。
DSCF2312.jpg

これで、少し様子を見ながら、悪くなったところに対して、この補強策で対応していこうと考えています。
さて、どうなりますか・・・・
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

外周フェンスの補修作業 [ 4_20 外周フェンス補修]

敷地の周りに低めのフェンスを設けています(全長約70㍍)。このフェンスは、支柱以外は、ログハウスキットで使用されていた梱包材を流用して作っています。

防腐処理をしていない材料を塗装して使用していますが、フェンスを作ってから既に3年が経ち、そろそろ朽ちてきているものが出てきています。

破損部分の取り替え作業(今回は1箇所のみ)を行いましたので、ご紹介します。

■ 補修作業の状況
・写真の中央部が朽ちて破損しています。
DSCN2972.jpg

・破損する部分を拡大すると、こんな感じになっています。畑の作業中に腰掛けたところ、バキッと・・。
DSCN2971.jpg


・朽ちている部分の木ネジを外して、保管している梱包材に取り替えました。木ネジには、ステンレスのコーススレッドを使っていますので、簡単に外れ、再利用できました。ステンレスは丈夫ですね。
DSCN2975.jpg

・写真のように白い部分が交換した部分です。
DSCN2980.jpg


・交換部分に再塗装して、作業終了です。
DSCN2981.jpg


これからも時間の経過と共に、取り替えが必要な部分が出てきそうですが、取り敢えず、保管している梱包材を使って順次取り替え作業を行う予定です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
 4_20 外周フェンス補修 ブログトップ