So-net無料ブログ作成
検索選択
6_00 ガーデニング&野菜作り ブログトップ
前の10件 | -

甘夏も収穫 2017 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

デコポンの収穫を2月初めに行い、甘夏は、3月末に収穫する予定でした。

しかし、現地に行ってみると、その内の一個が悲惨な状況に(写真の右下側の枝)。
DSCN4933.jpg

甘夏の皮には、はっきりと爪痕が残っていましたので、ハクビシンの仕業だと思われます。また、実を全てきれいに食べていたことから、甘夏の甘味が増している証拠でもあります。
DSCN4930.jpg

ということで、少し早いのですが、ハクビシンに食べられないうちに今回全ての実を収穫することにしました。合わせて2本ある甘夏の実は、約40個収穫できました。
DSCN4934.jpg


■収穫を終えたデコポンと甘夏二本に、剪定と礼肥。
・甘夏の剪定を終え、すっきりと風通しも良くなりました。
DSCN4937.jpg

DSCN4938.jpg

デコポンも枝を落として、すっきりと。
DSCN4912.jpg

最後に、昨年に続いて礼肥として、醗酵鶏糞とバットグアノ(コウモリの糞などの入った実付きをよくする肥料)を与えて終了です。来年もおいしい実を沢山つけてくれることを願って・・・・
DSCN4916.jpg

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

デコポンの収穫 2017 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

2月はじめにデコポンを収穫しようと現地を訪れてみると、下の写真のように、デコポンが散乱・・・・・

DSCF3301.jpg

よく見ると、布製の袋が外され、食べられています!!
DSCF3302.jpg

ヘタの部分だけ残ったものも・・・・
DSCF3304.jpg

被害は、10個程度。犯人は、野鳥ではなさそうです。以前にも経験があるのですが、デコポンにかけた袋を引き抜いていること、食べられた後は、つついたものではなく引き裂かれた状態であることから、恐らくハクビシンではないかと思われます。
来年は、袋をしっかり結んで引っ張っても抜けないような対策が必要かと思います。

気を取り直して、残りのデコポンの袋掛けを外すことに。なかなか良い色づきです。
DSCF3306.jpg

DSCF3307.jpg

全ての実をとったところ、収穫できたのは、63個。10個くらい食べられたので、合わせると70個程度の収穫ということになりました。しかし、全体としては、小粒なものが多いので、来年は、もう少し球を大きくしたいので、50個位に摘果しようかと思っています。
DSCF3311.jpg

デコポン特有の下手の部分の盛り上がりのあるものは、10個程度です。一つ皮をむいて食べてみましたが、今年は、今までになく甘味がしっかりしてきたように感じます。施肥も効果的だったのかも知れません。
DSCF3312.jpg


【おまけ】
階段の上がり口の横に、コンクリートブロックで花壇をつくりました。妻が土作りをしたあと、家から持ってきた桜草を植えました。
DSCF3314.jpg

来年からは、こぼれ種で長く楽しませてくれるのではと期待しています。
DSCF3319.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

デコポンへの袋掛け 2016年12月 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

前回、庭もデコポンが少し色づいてきたことをご紹介しました。あれから約1ヶ月が過ぎた12月10日頃に訪問してみるとかなり黄色く色づいてきましたので、鳥害対策の袋掛けを行いました。

■ デコポン、甘夏の状況・・・・黄色く色づいてきました!
デコポンも全体的に色づいてきました。今年は、例年より少し早いような気がします。
DSCN4886.jpg

DSCN4887.jpg

甘夏の木も2本あるのですが、どちらも20個ほど実をつけています。こんなに多く実をつけたのは初めてです。
DSCN4891.jpg

DSCN4894.jpg


■ デコポンは、既に鳥の餌食に!!
こんな感じで、鳥がつついています。まだ、色づきはじめたところなので、そんなに甘くはないと思うのですが・・・
DSCN4890.jpg

結局、5個が被害に遭いました。やられたデコポンを少し味見してみると、それなりに甘くなっているので、このままだとすぐにやられてしまいそうです。
DSCN4899.jpg


■ 例年通り鳥害帽子の袋掛けを実施。
昨年、鳥害に対して効果のあった「デコポン用掛け袋」(伸縮性のあるポリエステル製の布)をネットで100個ほど新たに購入。
DSCN4885.jpg

鳥害にあった実を取り除き、その他の全ての実に袋掛けしました。
DSCN4898.jpg

DSCN4893.jpg

甘夏にも袋掛け。
DSCN4892.jpg

もう一本の甘夏にも袋掛け。
DSCN4895.jpg

全ての実に袋掛けを行いました。
デコポンは、来年2月初め頃に、甘夏は来年春頃に収穫予定です。まだまだ先は長いですが、とても楽しみです。

最後に、最近の庭の周りの様子を。
DSCN4901.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

最近の庭の様子 2016 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

最近の庭の状況をご紹介します。最近とは行っても、11月初旬の様子になります。

■庭の状況
今年最後の芝刈りと周囲の草刈りを終えました。庭の木々の少し色づいてきました。
DSCN4847.jpg

ジューンベリーの紅葉も進んできました。
DSCN4849.jpg


■柑橘類の状況
デコポンも順調に大きくなっています。今年は摘果も適切(?)に行っているので、数は50個前後ですが、順調に大きくなっているような気がします。
DSCN4842.jpg

DSCN4843.jpg

北東の角地に植えている甘夏柑も15個前後実をつけています。
DSCN4850.jpg

植えてから、3年目になる南側の甘夏も今年は、大きな実を10個以上つけています。
DSCN4848.jpg


■その他
東側にある畠には、ベビーリーフの種を蒔きました。ちょっと時期が遅くなったので、何処まで成長できるかチョット心配です。
DSCN4846.jpg


いずれにしても、実のなる樹木は、とても楽しみですね。収穫は、年明け以降となりますが、鳥などに食べられないようどう対策するかがポイントになります。
今年も昨年鳥害に効果のあった「ネルネット」というストッキングタイプで伸縮性があるポリエステル素材でできた筒状のネットを、12月には果実にかぶせることにしています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

デコポンの摘果を実施 2016 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

久しぶりのブログアップです。

孫達が夏休みに一週間ほど遊びにきましたので、その時の写真は、後ほどアップしたいと思っています。

ここでは、9月に入り、デコポンの摘果の時期になりましたので、これまでやったことのない摘果を初めてやりました。この春には、沢山の花をつけ、実も100以上なっていました。例年は、なっているものはそのままにしていたのですが、色々調べてみると実を大きく育てるには、やはり摘果を行って適切な数量にコントロールすることが必須のようです。

そこで、先日、摘果を行いましたので、その様子をご紹介します。
摘果の基準は、現時点で50㎜以下の大きさの実は、摘果するということでしたので、ゲージを作って一つ一つ実の大きさをチェックして摘果することにしました。

・現在のデコポンの状況
DSCN4789.jpg

・実も大きくなってきました。
DSCN4783.jpg

・厚紙で50㎜幅のゲージをつくって、実の大きさをチェック。
DSCN4781.jpg

・何個残るか不安を感じつつ、50㎜に満たない実は、どんどん切り落とします。
DSCN4782.jpg

・結局、摘果した実の数は、約40個。心配になって、残った実の数を確認してみると、約50個あり、思った以上に数があったので、一安心・・・・
DSCN4784.jpg


・これで残った実を大きく育てることにしたいと思います。さあ、大きくな~れ!
DSCN4785.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

”ニガイチゴ”で、ジャム!? [6_00 ガーデニング&野菜作り]

以前にもブログでご紹介したことがあるのですが、”クサイチゴ”と比べると甘みが弱く、多少苦みもある”ニガイゴ”でジャムを作ってみましたので、ご紹介します。

今回ログハウスに行くと、作業小屋の裏に、”ニガイチゴ”が沢山なっているのを発見。
DSCN4599.jpg

"ニガイチゴ”は、赤色と言うより、ちょっとオレンジ色がかった色をしています。
DSCN4602.jpg


早速、食してみると、以前感じたほどの苦みもなく甘みもあったので、Ziploc(小)の容器に一杯ほど、収穫してみました。
DSCN4603.jpg


甘みも強くないので、生食には適さないようなのですが、自宅に持ち帰り、妻にみせたところジャムにしてみようと言うことになりました。収穫したニガイチゴを水洗いし、グラニュー糖とレモン汁をいれてジャムを作ってくれました。
DSCN4616.jpg

早速、ヨーグルトと一緒に食べてみると、酸味が効いて、さっぱりとした癖になりそうな味です。もう少し沢山とってくれば良かったと後悔しているところです。
来年の楽しみにしたいと思います。白く見える粒は、イチゴの種ですが、食べると少しぷつぷつとしますが、ほとんど気になりません。これも自然の味というところでしょうか。
DSCN4615.jpg


今回は、梅雨の晴れ間を利用して、今年2回目の草刈りと芝刈りを行いました。
DSCN4612.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

早めの草刈り 2016 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

今年は、最初の芝刈りを早めに実施した関係で敷地の雑草が目立ってきたので、例年より早いのですが、今年最初の草刈りを行いました。

【敷地内の草刈り】
ログハウスと作業小屋の周りを、電動草刈り機を使って、一気に草刈りを行いました。作業前には、回転部分にグリースアップ。電動作業時間は、半日くらいかかりました。

・敷地の南側の部分の草刈り。ジューンベリーも、今年は少し実をつけてくれそうです
DSCN4581.jpg

・境界フェンスの外側も2メートルほど草刈り。早め早めに刈ると、草刈りも楽ですね。
DSCN4585.jpg

・デッキ側の草刈り。
DSCN4584.jpg


【通路脇の花壇に花を植えました。】
・水やりはほとんどお天気任せなので、ホームセンターで暑さや日照りに強いものを選んで植えてみました。さて、どのように成長してくれるでしょうか楽しみです。
DSCN4579.jpg


・全ての草刈り作業も終わり、すっきりしました。タイムは、ロンギカウリス、フォックスツリー、クリーピングの3種類を植えているのですが、今は、ロンギカウリスが淡いピンクの花をつけて庭が少し華やいで見えます。
DSCN4578.jpg

・玄関の窓から作業小屋を見たところ。ヤマボウシも大分大きくなり、涼しげな若葉をつけています。
DSCN4586.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

デコポンに礼肥 2016 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

ちょっと古い情報になりますが、今年の2月に収穫したデコポンの木に、3月初めに”御礼肥”をやりました。
DSCN4423.jpg

ネットで調べて、デコポンの甘みを増すとされる「バットグアノ」という肥料。
DSCN4424.jpg

さらに、「醗酵鶏ふん」を、根本に施肥しました。
DSCN4425.jpg


デコポンの近くにあった樫の木が日当たりの邪魔をするようになったので、伐採することにしました。チェーンソーを使って、ばっさりと。
DSCN4442.jpg

これで、デコポンに朝日が当たるようになりました。
DSCN4444.jpg

今年は、どんな実を付けてくれるでしょうか、今から楽しみです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今年は、早めの芝刈り 2016 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

芝を植えて5年が経った今年3月初めの状況です。枕木を周りを芝が覆っているのがわかります。
DSCN4453.jpg

DSCN4455.jpg

そこで、折角の枕木が芝で覆われ、隠れてしまっているので、枕木が際立つよう覆っている芝を切り取ってみることにしました。使う道具は、色々試してみたのですが、枕木の周囲に反って伸びた芝を切るには、古いパン切り包丁がとてもいいことを発見。
DSCN4431.jpg

芝に覆われた枕木に腐れがでていることがわかりました。腐れに強い枕木と言えども、芝に覆われ湿った状態に置かれると、やはり腐っていくものなのだということを確認した次第です。腐れが出て、穴が開いたところには、取りあえず砂利をいれて躓かないように補修しました。
DSCN4428.jpg

そこで、枕木が乾燥しやすいように、全ての枕木の周囲の芝を切り取ることにしました。枕木の数も多いので、2日に分けて作業することに。
DSCN4427.jpg


枕木の周囲を切り取ったあと、今度は、芝刈りバリカンと草刈り機を使って、短めにカットして、すっきりです。
DSCN4457.jpg

DSCN4455.jpg

階段部分も芝も刈り込んでシャープな感じになりました。
DSCN4450.jpg

今年最初の芝刈りは3月中頃に行い、4月初めには今年最初の施肥(化成肥料)を行って準備終了です。
さて、今年はどんな芝生になるのか楽しみです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

デコポンの収穫! 2016 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

2月を迎え、デコポンもそろそろ収穫の時期に。
昨年は、摘果をせず、そのまま実をならせてしまいました。その影響で、今回は花付きも悪く、16個くらいしか実を付けませんでした(昨年の1/3程度)。

大小と差はありますが、何とか収穫の時期を迎えることができました。

■ デコポンの収穫
・昨年の続き、今年も野鳥からの食害を防ぐため、実には布製のネットを取り付けました。その効果でしょうか、全ての実が無事収穫を迎える事ができました。
DSCN4369.jpg

・いよいよネットを外して収穫です。
DSCN4406.jpg

・収穫したデコポンは、大きさがばらついていますが、大小合わせて16個。
DSCN4407.jpg

・これくらいの大きさのものは、半分足らず。
DSCF2313.jpg

食べるのは、1ヶ月ほど寝かせた後となります。寝かせると、酸味が減って甘みが増すそうです。

■ 甘夏の状況
・甘夏は、昨年の同程度の実を付けました。順調に大きくなって来ています。
DSCN4367.jpg

・収穫は、後1~3ヶ月後になりそうです。しっかり、実にネットをして収穫を待つことにします。
DSCN4408.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - 6_00 ガーデニング&野菜作り ブログトップ