So-net無料ブログ作成
 1_13 窓・ドアの取付 ブログトップ

足場解体の前に一仕事・・・99日目 [ 1_13 窓・ドアの取付]

先日より開始した本床張り作業を継続中ですが、足場解体が今週半ばには行われることになりましたので、併行して窓/ドア廻りでやり残している仕事をやりました。

具体的には、先日、窓やドアの上に取り付けた霧ヨケとログ壁との間に雨水が浸入しないようにシリコンシーラントでコーキングしましたので、その作業内容をご紹介します。

■ 最新の状況 (2010年3月29日)
今日も妻と作業を行ったのですが、なんと言うことでしょう雨の予報が午後より雪に変わり、このままでは帰れなくなると思い、3時過ぎに床張り作業を中止して帰路につきました。標高300メートルあるからでしょうか現地は雪でも、下におりると雨でした。それにしても、道路に新雪が5センチ以上積もると急な坂道ではブレーキがききにくくなり、久しぶりにヒヤヒヤものでした。ということで、今日は、雪景色です。
IMG_2188.jpg
またまた、雪景色


■ 作業の状況
【霧ヨケのコーキング作業】
・霧ヨケのコーキング作業で使用する道具類をご紹介します。ブラックのシリコンシーラント、マスキングテープ、シリコンを掻き取るプラスチックのへら(100円程度でした)です。
IMG_2187.jpg
コーキングで使用する道具

・まず、コーキングする周囲にマスキングテープをはります。
IMG_2169.jpg
霧ヨケにマスキングテープを貼ったところ

・次に、このマスキングテープの隙間にシリコンシーラントを盛り、余分なシリコンを白いへらで掻き取ります。へらのR(アール)部を使って形を整えます。このとき余分なシリコンが周囲に付かないように、トイレットペーパーで拭き取ります。
そして、慎重にマスキングテープを剥がします。気を付けないとマスキングテープについたシリコンが霧ヨケや壁を汚しますので注意しながらの作業です。このときにも、剥がしたテープをすぐにトイレットぺーバーで包み込むのがコツのようです。
実は、これらの作業のやり方は、先日ご紹介したバスユニットの設置の際の作業をみて憶えたものです。
IMG_2170.jpg
シリコンシーラントを盛り、形を整えたところ

・仕上がりはこんな感じです。作業した当日は、風もなく、お天気も良かったので、このままで乾燥させましたが、風が強くほこりっぽい時には、この上から幅のひろいマスキングテープで異物がくっつかないように乾燥するまで保護すると良いそうです。これも、ユニットバス設置の時に教えてもらいました。
IMG_2182.jpg
結構うまくいきました


【最後の窓取付作業】
・床材も屋内への搬入が終わり、残っていた裏の窓の取付も行いました。このまどから、材料や足場などの搬入ではお世話になりました。
窓の取付も手慣れてきたので、あっというまに終わりました。窓の防水テープ張りは妻の仕事です。
IMG_2174.jpg
最後の窓に防水テープ貼り


■ おまけ
・作業の合間に、端材を加工して妻がこの5月で二歳になる孫のため積み木を沢山作りました。積み木の角は、ケガをしないようにサンドペーパーをかけてエッジをとっています。孫の喜ぶ顔が楽しみです・・・
IMG_2186.jpg
たくさんあるでしょ!端材から作った積み木

霧ヨケ、カバーボードの取付・・・93日目 [ 1_13 窓・ドアの取付]

前回アップしてから1週間が過ぎてしまいました。今週初めには、システムキッチンを手配するため、妻と一緒に横浜にある「IKEA」に行ったり、窓やドアの霧よけの造作と塗装作業など思ったよりも時間がかかってしまい、ブログのアップも遅れてしまいました。

今回の作業は、窓とドアのフレーム回りには、断熱材を入れ防水テープでカバーをしていましたが、天井張りも終え、窓とドアの霧ヨケとカバーボードの製作lに取りかかり、本日無事取付を終了しました。これで、外回りの作業として残っているのは、換気扇および吸気用の穴をログ壁に開ける作業が残っています。

これが終われば基本的に外回りの作業が終了しますので、3月末には足場が撤去できそうです。まだ,同時に最後の大仕事である「本床張り」が残っていますので、来週あたりには作業を開始しようと考えています。

■ 最新の状況 (2010年3月19日)
IMG_2115.jpg
霧ヨケとカバーボードを取り付けた全景

IMG_2126.jpg
正面の妻面


■ 作業の状況
【霧ヨケとカバーボードの造作】
・窓が9カ所、ドアが2カ所の計11カ所分の霧ヨケ、カバーボードを製作する必要があります。霧ヨケは、思ったより加工に時間がかかりましたが、ほぼ狙った通りのものができあがりました。
IMG_2100.jpg
カバーボード、霧ヨケの材料を屋内に搬入

IMG_2105.jpg
霧ヨケの造作が終わりました

IMG_2102.jpg
取付はこんな形・・・・


【塗装作業】
製作がおわると今度は、塗装作業です。今回の霧ヨケとカバーボードについては、壁と同色だったり、白色だったりしますが、今回は、ピニー色と緑色を混ぜたちょっと暖かみのあるグリーンです。これは、2色のペイントを別々に購入し自分で混ぜ合わせたものです。塗装は、透明のプライマー(防腐・防水効果)を塗った後にこのペイントを2回塗るという手の込んだ作業が必要でした。
・塗装作業は、お天気も良かったので、ベランダの足場を作業台に作業しました。乾燥させるスペースも確保できるので大助かりです。
IMG_2108.jpg
デッキのスペースを使った塗装作業

IMG_2109.jpg
塗装が終わると足場で乾燥


【霧ヨケ、カバーボードの取付】
・まず、11カ所の窓枠/ドア枠についてカバーボードの取付の位置出しをしなくてはならないのですが、いちいちスケールでやるとばらつきが出るだけでなく手間がかかります。そこで、窓枠のうち側にあてて寸法を出すことのできるツールを端切れ板で作って作業しましたが、正確な位置出しと効率の点からも大変有効でした。
実は、このアイデアは、ログハウスビルダーの塩谷さんより教えていただいたものです。感謝です。
IMG_2122.jpg
カバーボード取付の際に使うツール

・試しに小さな窓からトライ、問題なく作業できることを確認して、いざ取付開始。全ての霧ヨケとカバーボードを取り付ける後、単独作業で一日を要しました。
IMG_2113.jpg
洗面所の小さな窓

IMG_2127.jpg
正面の妻面の窓

IMG_2128.jpg
玄関ドア

窓・ドアの取付作業を継続・・・58日目 [ 1_13 窓・ドアの取付]

先日より開始した窓とドアの取付作業のうち、窓の2カ所を除いて 窓7カ所、ドア2カ所(玄関と勝手口)の取付を終了しました。残りの2カ所の窓は、天井材や本床材の搬入口として利用する予定のため、窓を傷つけないように取付は最後にします。

次に、取り付けた窓枠のからの雨水の浸入を防ぐため、防水テープでシーリングしました(これは、妻の作業)。この後、窓枠の回りのスペースには、断熱材を入れ、カバーボードで塞いで終了となりますが、完全に終わるのはまだちょっと先になります。

■ 最新の状況 (2010年1月27日)
正面から見た状況。ドア2カ所と中央部の大窓も設置しました。
IMG_1824.jpg
ベランダ側からみたところ


■ 作業の状況
【窓枠・ドア枠の固定】
窓枠・ドア枠の固定には、今回のログハウスでは、木でくさびを使用することになっていましたが、インターネットで「わく枠金具YS-228(メーカー:ヤマダ金属)」という部品をみつけましたので、使ってみましたが、結構使いやすく、うまく取り付けできたと思います。この金具については、以前にも紹介しましたが、今回は、もう少し詳しくご説明します。
IMG_1795.jpg
「わく枠金具」

IMG_1802.jpg
「わく枠金具」を窓枠に取り付けたところ

IMG_1800.jpg
金具は、300~400mmピッチで取り付けます(屋内外から)

・ドア枠は、高さが2メートルあるため、窓枠とは違って剛性がありません。金具の取付方次第で、ドアが開きづらかったりしますので、ドア枠の前後や左右の倒れ(垂直)を慎重にチェックしながら取付ました。最初は、ドアがドア枠に少し干渉していましたが、最終的には、問題なく開閉できるようになりました。金具の長穴を使って微調整するのがポイントのようです。ドアの場合で金具を24個使用しました(屋内外で)。
IMG_1813.jpg
ドアの場合

【窓枠周囲のシーリング】
・防水テープには、防水気密全天テープブチルテープ(日東電工製、50ミリ×20m片面接着)を使用しています。妻の作業は、いつも丁寧で仕上がりもきれいです。
IMG_1816.jpg
屋外側から防水テープ(ブチルテープ)を貼っているところ

IMG_1817.jpg
防水テープは貼ったところ


■ その他
【ログの穴の修復作業】
・12月初め頃に、ログ壁に24時間換気用の換気扇の穴を開けようとしたのですが、なんと言うことでしょう!間違って、一段下のログに大きな穴(直径10㎝)を開けてしまいました。とんでもない慌て者です・・・
誤って穴を開けてしまった時には結構ショックで落ち込みましたが、気を取り直してどのように修復したら良いか色々考えました。fわたくしなりの結論として、余っている端材(20㎜厚)をはめ込んで、ログの両サイド(屋内外)から塞ぐことにしました。
DSC_0225.jpg
換気専用の穴を間違って一段下のログにあけてしまいました!!(なんてことを・・・)

IMG_1804.jpg
四角にノミで加工し、接着材とコーキング剤を塗布

・一応穴埋めは完成。ちょっと色が違いますので、塗装したときにも色の違いが出そうで気になりますが、ここを見る度に、セルフビルドの楽しい(?)思い出の一つになることだろうと思います。
IMG_1807.jpg
厚さ20mmの端材をはめ込んでみました

窓とドアの取付作業を開始・・・56日目 [ 1_13 窓・ドアの取付]

ログのカビ除去剤の塗布も終えて、いよいよ窓とドアの取付です。

早速、屋外に保管していた窓とドアの梱包(昨年10月初めの搬入)を開梱しようとしたのですが、使用している木ネジが特殊なものだったので、開梱を断念。作業の帰りにホームセンターで専用のビット(インパクトドライバー用)を購入して本日の開梱となりました。

引き続いて行った窓の取付作業は、比較的順調に進みましたが、玄関のドア設置では苦労しました。それは、別途報告させていただきます。

■ 最新の状況 (2010年1月22日)
窓やドアが付いてくると、随分家らしくなってくるものです。
IMG_1789.jpg
久しぶりの全景(妻面の窓と玄関のドアに注目!)

IMG_1788.jpg
反対の妻面の窓(キッチン、トイレ、バス用)

■ 作業の状況
【開梱作業】
使用されていたネジは、締める穴の形状がヒトデのような形をしていたのですが、ホームセンターで確認したところ「トルクス(TORX)ネジ」と言われる強力タイプの木ねじでした。通常は、プラスとかマイナスであるため、急にこのようなネジが出てくると作業が止まり困ってしまいます。事前に情報があると嬉しいのですが・・・
IMG_1771.jpg
「トルクス(TORX)ネジ」と購入した専用のビット

早速、新しく買ってきた「トルクス(TORX)ネジ」用のビットを使って開梱作業開始です。ただ、開梱した窓とドア(計11個)を屋内に運んだのですが、大きい窓やドアは結構重量があり、妻と二人で苦労しながら運び込みました。力仕事はもうないかなと思っていましたが、甘かったです・・・
IMG_1780.jpg
窓とドアは、木枠にしっかりと固定されていました


【窓の取付状況】
窓やドアを取り付けるのは、開口部の窓枠・ドア枠との隙間に何カ所か木のくさびを入れて水平/垂直を確認しながら取り付けるのが標準の作業となっています。
今回の場合には、木のくさびではなく、インターネットで見つけた「わく枠金具YS-228(メーカー:ヤマダ金属)」を使っています。金具は、屋内と屋外から300~400mmの間隔で木ねじと釘で固定しますが、初めてでも使い勝手がよく、比較的スムーズに取り付けできました。

下の写真は、まだ窓を取り付けただけですので、窓枠の周囲の隙間には、断熱材をいれます。特に、窓枠の上部は、セトリングのために40mmくらいのスペースがありますので、そこにもしっかり断熱材を入れることになります。そして、屋外からは、その断熱材を入れたスペースから雨が侵入しないように防水のめのブチルテープで完全に塞ぎます。この作業はもう少し先になりますが、改めてご紹介します。
IMG_1782.jpg
トイレの小さくて可愛い窓(屋内から)

IMG_1786.jpg
洗面所の窓(屋外より)

IMG_1785.jpg
妻面の窓

 1_13 窓・ドアの取付 ブログトップ