So-net無料ブログ作成
検索選択

【3】 ステンレスウッドオーブン(UUNI2)を使ってみる。 [ 5_19 ピザ作りとUUNI2]

組み立てたUUNI2で、まずは市販の冷蔵ピザで試してみることにしました。

組み立てたUUNI2をデッキに移動。
DSCN4373.jpg

左に見えるのが、木質ペレットを入れる燃焼用ホッパー。
DSCN4371.jpg

このホッパーに木質ペレットを入れ、その上に着火用ジェルを載せて、ライターで火を付けて、本体に差し込みます。
DSCN4553.jpg

【参考】燃料用アルコールも試してみました。赤いボトルは、燃料用アルコール専用ボトルです。振りかける量をコントロールできるので、大変使いやすいです。今は、燃料用アルコールを使っています。燃料用アルコールは、ドラッグストアで購入できます。
DSCN4572.jpg

ものの2~3分で、ゴーという音と共に、勢い良く炎を出しながら燃焼が始まります。
DSCN4372.jpg

カタログスペック通り、着火して10分あまりで、蓄熱版(4㎜厚のアルミ板)の表面温度を放射温度計(下の写真)で測定すると400℃を超えてました。ピザを入れる側から覗くと、炎が天井を伝わって流れてくるのがわかります。
DSCN4377.jpg

温度測定に利用した放射温度計(500℃まで計測可)。バイメタル式の温度計も検討しましたが、価格も高く、取り付けるための穴加工も必要になるので、その他にも使い回しの効く放射温度計を選びました。この温度計には、レーザーポインターも付いているので、どの部分を測定しているかわかるので便利です。
DSCN4573.jpg

買ってきたピザの上に、ミニトマトとピザ用チーズを載せて、準備OK。ピザを載せている板は、シナベニヤで作ったお手製のもの。
DSCN4374.jpg

カタログでは、2分で焼けるということですが、30秒ごとにピザの向きを変えながら焼く必要があり、結構忙しいです。もたもたしていると、少し周りが焼け過ぎました。やはり、慣れが必要ですね。周りは、カリッと、中は柔らかく、とても良い焼き具合にできあがりました。とてもおいしく感じます・・・・
DSCN4376.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【2】 ピザ用こね台をつくる。 [ 5_19 ピザ作りとUUNI2]

人工大理石のこね台なども市販されていますが、ステンレス板のものが欲しかったので、自作することにしました。

ホームセンターで、500x400㎜板厚0.4㎜のステンレス板を購入。このステンレス板を手元にあるシナベニヤに張り付ける事にしました。

貼り付け方法をネットで色々調べて、次のような方法を採用しました。
①ステンレス板の裏面の周囲に、強力両面テープを貼り付けます。更に、ステンレスとシナベニヤの密着度を上げるため、両面テープで囲まれた空白部分に、シリコーンシーラントを薄くのばしていきます。
DSCN4403.jpg

②シリコーンを塗り終えたところ。
DSCN4404.jpg

③ステンレス板をシナベニヤに貼り付けます。手のひらでしっかり押さえつけて、密着度を高めます。購入したステンレス板の表面の反射が気になるので、目の細かいサンドペーパーでてかりを抑えてみました。なかなかヘアーライン加工のようにはいきませんが、てかりを抑えることはできました。
DSCF2324.jpg

④こね台の裏側には、滑り止め用のマットを両面テープで貼り付け、ピザ生地をたたきつけたり、こねたりした時にも、こね台が動かないようにしました。
DSCF2325.jpg


後日、実際に使用しているところ。こね台の裏に貼った滑り止めが、台が動かないようになるのと同時に生地を打ち付ける際にも音を和らげる効果があるので、お薦めです。
DSCN4411.jpg



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【1】 木質ペレット使用のステンレスウッドオーブン(UUNI2)の組み立て [ 5_19 ピザ作りとUUNI2]

ピザ釜って、やはり憧れますよね。耐熱煉瓦などをつかって本格的なピザ側を手作りすることなど、色々検討したのですが、実行に移せていません。それは、本格的な釜ほど、余熱に時間がかかり、焼き始めるまでに数時間かかるということを知りました。

そこで、ネットを色々調べていると、イギリス発のステンレスウッドオーブン「UUNI2」という木質ペレットを燃料にロケットストーブの原理を応用した、小型で持ち運びもできるという”ピザ釜”を見つけました。
 http://uni2jp.jimdo.com/
※最近、「UUNI2」が、にマイナーチェンジされ、「UUNI2S」として販売されています。蓄熱版がアルミ板からセラミック板(コージライト)に変わるなどしています。

木質ペレットを燃料にして、釜の温度も10分位で450℃に上がるという優れもの、デッキでテーブルの上に置いて使えるというので、まさにこれだ!ということで、衝動的に買ってしまいました。
早速届いた「UUNI2」を組み立てましたので、その様子をご紹介します。

■ ステンレスウッドオーブン「UUNI2」の組み立て状況
・宅配できた梱包状況
DSCN4257.jpg

・外箱から取り出した状態
DSCN4258.jpg

・蓋を開けると部品がびっしり。
DSCN4259.jpg

・部品を箱から出して、並べたところ。
DSCN4260.jpg

・組み立ては、全てビス留めです。ビスは、全て六角穴付きスクリュー、勿論、六角レンチも付属しています。これを使って、組み立て。組み立てにかかった時間は、30分程度と、あっという間に完成です。
DSCN4264.jpg

・組み立てていて問題になったのは、2点。
① 組み立ては、スクリューをかしめナットにねじ込むのですが、かしめが弱く、スクリューを回すと共回りしてやりにくかったところが2~3カ所ありました。
② 下の写真でビザを出し入れする側の蓋(UNIという切り込みのある取っ手の付いた蓋)を本体上部のスリットに引っかけておく構造になっています。しかし、本体の板金の直角度が出ていないため、収まりが悪いのです。板金の加工精度がでていないところがあるようです。熱くなった蓋が外れるとやけどをしたり、危険なので何らかの対策が必要と考えています。
後日追加工して、蓋が簡単に落ちないように金属のストッパーを取り付けようと思っています。
DSCN4261.jpg

・ピザをいれる釜入口からみたところ。底側には、蓄熱版(厚いアルミ板 実測で4㎜厚)が見えます、これでピザを高温で焼くことができるそうです。
(最近のマイナーチェンジで、このアルミ板からセラミック板(10㎜厚)に変更されています。)
DSCN4262.jpg

まずは、どんな感じで使えるのか、冷凍ピザでも購入して、試し焼きをやってみたいと思います。また、その状況は、続いてご紹介したいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

デコポンに礼肥 2016 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

ちょっと古い情報になりますが、今年の2月に収穫したデコポンの木に、3月初めに”御礼肥”をやりました。
DSCN4423.jpg

ネットで調べて、デコポンの甘みを増すとされる「バットグアノ」という肥料。
DSCN4424.jpg

さらに、「醗酵鶏ふん」を、根本に施肥しました。
DSCN4425.jpg


デコポンの近くにあった樫の木が日当たりの邪魔をするようになったので、伐採することにしました。チェーンソーを使って、ばっさりと。
DSCN4442.jpg

これで、デコポンに朝日が当たるようになりました。
DSCN4444.jpg

今年は、どんな実を付けてくれるでしょうか、今から楽しみです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今年は、早めの芝刈り 2016 [6_00 ガーデニング&野菜作り]

芝を植えて5年が経った今年3月初めの状況です。枕木を周りを芝が覆っているのがわかります。
DSCN4453.jpg

DSCN4455.jpg

そこで、折角の枕木が芝で覆われ、隠れてしまっているので、枕木が際立つよう覆っている芝を切り取ってみることにしました。使う道具は、色々試してみたのですが、枕木の周囲に反って伸びた芝を切るには、古いパン切り包丁がとてもいいことを発見。
DSCN4431.jpg

芝に覆われた枕木に腐れがでていることがわかりました。腐れに強い枕木と言えども、芝に覆われ湿った状態に置かれると、やはり腐っていくものなのだということを確認した次第です。腐れが出て、穴が開いたところには、取りあえず砂利をいれて躓かないように補修しました。
DSCN4428.jpg

そこで、枕木が乾燥しやすいように、全ての枕木の周囲の芝を切り取ることにしました。枕木の数も多いので、2日に分けて作業することに。
DSCN4427.jpg


枕木の周囲を切り取ったあと、今度は、芝刈りバリカンと草刈り機を使って、短めにカットして、すっきりです。
DSCN4457.jpg

DSCN4455.jpg

階段部分も芝も刈り込んでシャープな感じになりました。
DSCN4450.jpg

今年最初の芝刈りは3月中頃に行い、4月初めには今年最初の施肥(化成肥料)を行って準備終了です。
さて、今年はどんな芝生になるのか楽しみです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

巣箱に”シジュウカラ”か!? 2016 [7_00 巣箱設置・野鳥観察]

■昨年、孫と一緒に作った巣箱
昨年(2015)8月に、7歳の孫が、巣箱を作りたいという要望で、昨年の夏に一緒に巣箱を2個作りました。
DSCN3991.jpg

そのうち、1個を作業小屋の横にある桜の木に取り付けました。
DSCN3996.jpg


■シジュウカラが巣作りを始めたようです・・・
今年(2016)の春休みに孫たちがやってくると、昨年取り付けた巣箱を取り付けていたひもが切れて、傾いていたので、そのついでに巣箱を覗いてみると、なんと言うことでしょう!穴から綿のようなものが見えます。そこで、巣箱の屋根をずしてみると、底に苔を2~3㎝位の高さに敷き詰められ、その上に樹脂の繊維(?)のようなものが載っかっています。
DSCF2500.jpg

少し、拡大をするとこんな感じに、フワフワの巣ができています。まだ、完成はしておらず、製作途中のようです。
DSCF2501.jpg

この住人はきっとシジュウカラだと思うのですが、巣箱を元に戻して様子を見ることにしました。
DSCF2503.jpg

その日の午後になると、シジュウカラが2羽でやってきて、巣箱に入りました。また飛び立っては、また巣箱に戻ってきています。下の写真の右側中段にシジュウカラが見えます。
DSCF2524s.gif


今回の経験から、取り付けていなかった三角屋根の巣箱も、少し離れたクヌギの幹の地上4メートルくらいの高さの所に、取り付けてみました。
DSCF2728.jpg

驚いたことに、翌朝食事をしていると窓越しに、早速、2羽のシジュウカラを発見。
DSCF2569.jpg

写真を拡大してみると、2羽のシジュウカラが巣箱の様子を覗っているのがよくわかります。
DSCF2569s.gif

ちょうど繁殖期を迎え、適当な巣を探しているのでしょう!期待に応えれると良いのですが・・・。しばらく様子を見たいと思います。
DSCF2570s.gif

家の周りには、そのほかにもウグイス、ヒヨドリ、アオジ(?)のような色々な野鳥がやってくることがわかりました。バードウォッチングも楽しめそうです。これで楽しみがまた一つ増えました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅