So-net無料ブログ作成

ログハウス外壁再塗装 (4) 2013 「東壁面(桁行)」 [ 4_11 本体外壁の再塗装]

昨年秋に再塗装を開始した「西壁面」に続いて、この秋に、「南妻面」、「北妻面」を行い、いよいよ最後まで残っていた「東壁面」の再塗装を行いました。これで、建築後最初の再塗装(1回目)が、事故もなく無事に全て終了しました。

外壁再塗装は、足場も組まずに、なんとか梯子と脚立のみを使って作業できることが確認でき、今後の再塗装作業の見通しが立ったのが、大きな収穫でした。やはり、平屋は、メンテナンス作業が楽ですね。

ただ、妻面では、土地が傾斜しているため、一部で高所での塗装作業が必要となり、かなりびびりながらやってきました。今後、自分の年齢が高くなってくることを考えると、梯子の倒れ防止や落下防止のためのフック取り付けなどの安全対策を考えていこうと思っています(こういった対策案を考えるのも、また大きな楽しみの一つなのです・・・)。

それでは、今回の作業の様子をご紹介します。

■ 「東壁面」の再塗装が終了したところ
東壁面はあまり高くないので、アルミの作業台を使うだけで、順調に作業が終了しました。再塗装をすると、外壁ログ材が生き返ったような輝きを取り戻します。塗装は、やりがいのある作業の一つですね。
DSCN2924.jpg


■ 作業手順
・基礎部分とエアコンの室外機および、給湯器を養生。特に、基礎は油性塗料が付着するとシミになるので、丁寧に養生します。
DSCN2915.jpg

・給湯器部分の養生。
DSCN2916.jpg

・塗装開始。再塗装前と再塗装後の色合いが大きく変わるのが分かります。やはり、あまり日光や雨に曝されてなくても、3年も経つと色あせてくるんですね・・・。
DSCN2918.jpg

・今回、大活躍したのがこの脚立。「四脚伸縮式足場台」と言われる物で、脚が4脚とも30㎝位伸縮調整できます。地面が斜めになっていても作業台を水平に調整できるので、安心して作業できます。お奨めです。
DSCN2919.jpg


■ 再塗装の仕上がり状況
再塗装が終了し、養生シートを取り除くと、こんな感じに仕上がりました。
作業時間は、前日の午後に養生と1回目の塗装を行い、翌日の午前中に2回目の塗装を行いました。合計、約8時間の作業となりました。
DSCN2923.jpg

DSCN2922.jpg



■ おまけ
再塗装とは関係ないのですが、南側の庭に植えているデコポンの実が順調に大きく育ってきているので、少しご紹介。実の数は、昨年とほぼ同じで、8個ほどなっています。
DSCN2930.jpg

しかし、昨年と違って、実が大きく育っています。ほぼ、握り拳大(8~9㎝)ほどになっています。昨年は、6㎝ほどにしか成長しませんでしたので、今年は期待できそうです。
DSCN2928.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0